2019年12月23日

Gout君!噂のフライデー誌記事に怒ってフェブリ君!?




201170313.jpg




話題のフライデー記事を斬る 💢 ⚔️ 👊





フェブキソスタットは
アロプリノールと比較して
死亡リスクを高めるとか…
ですが、


あくまでも
アロプリノール服用群との比較です!?



( これ超〜乱暴な単純比較ですけど… )



米国人や日本人が使用した場合
どうなるかぁ〜

等が述べられているわけでも

何もありませんよね!






<ザイロリック サロベール>

・アロプリノール製剤

本剤の服用中に痛風が悪化した場合はコルヒチンなどを併用する




痛風・高尿酸血症ランキング





<フェブリク>


・フェブキソスタット製剤


軽度〜中等度の腎機能障害があっても、

通常用量での使用が可能とされている


服用方法

通常、1日1回、服用する


本剤の服用中に痛風発作がおこった場合の注意


医師に指示された用量で服用を継続する

症状に応じて、コルヒチンなどを併用する

がん化学療法に伴う高尿酸血症などへ使う場合もある






にほんブログ村 病気ブログ 高尿酸血症・痛風へ
にほんブログ村





人々の寿命が延び、

社会が高齢化していくにつれて、

認知症が社会問題となっている。



認知症のタイプの中で最も多いとされているのが、

アルツハイマー病によって起こるアルツハイマー型認知症だ。






その臨床試験を中国で行う計画が進んでいる。






ラベル:フライデー
posted by 痛風糖尿高血圧 at 23:54| フェブリク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする